青森りんごを愛する先生がりんごのすばらしさを情報発信しています。

「葉とらずりんご」の美味しさは究極!

2018/12/27

「葉とらずりんご」とは

りんごには袋をかけて栽培する「有袋りんご」と袋をかけずに栽培する「無袋りんご」があります。
「無袋りんご」で、葉を摘み取らずに栽培したものを「葉とらずりんご」といいます。
りんごは、太陽の光に当たることで赤く色づきます。
そのために、邪魔になる葉を摘み取り色付けをしているのです
しかし、葉にはりんごに栄養と甘みを補給する大切な役割があるのです。
りんごの甘さは、葉で作られた養分が、果実に蓄えられて糖になります。
葉は、美味しさを作るための工場のようなもので、重要な役割をしています。
葉が陽の光をたくさん浴びて呼吸をし、りんごに養分を送ってこそ甘みが増し美味しくなります。
葉は、りんご作りに大切な役割を担っているのです。
葉をたくさん摘み取ると、その分光合成が充分に行われず、りんごの栄養分を低下させることなり糖度が上がりません。
葉取らず栽培で育ったりんごは葉の陰になる部分があるため、陽が当たらない部分は赤くなりません。
見た目は劣りますが、自然のままに育てた「葉とらずりんご」の美味しさは別格です。

販売中の青森りんごショップガイド

その他の記事