青森りんごを愛する先生がりんごのすばらしさを情報発信しています。

青森に眠る希少りんご「安祈世(あきよ)」

2019/11/27

「安祈世(あきよ)」の特徴

安祈世は「ふじ」と「千秋」を掛け合せ、日本一の収穫量を誇る青森県で生まれた品種のりんごです。
果実の形が丸く、280g程のりんごで、果皮には多少光沢があり、ロウ質物もあるため、すべすべしています。
「ふじ」の濃厚な甘味、「千秋」の爽やかな酸味を受け継ぎ、甘さと酸味バランスがとても良く、食感はサクッと歯ごたえがあり、噛むほどに果汁の多さを実感できます。
香りも華やかで強く、甘さよりも爽やかな酸味がいきています。
収穫後は地元で消費されてしまうため、入手困難なりんごなので希少りんごとされています。

「安祈世(あきよ)」の収穫時期と食べ頃

収穫時期は10月下旬から11月初旬にかけてで、美味しい旬の時期もその時期となります。

「安祈世(あきよ)」の保存方法

普通貯蔵、冷蔵貯蔵ともに持ちが良く、長期保存にも向いています。

販売中の青森りんごショップガイド

その他の記事