青森りんごを愛する先生がりんごのすばらしさを情報発信しています。

「あかぎ」群馬県オリジナル品種

2020/1/10

「あかぎ」の特徴

「あかぎ」は群馬県のオリジナル品種で、「ゴールデンデリシャス」と「紅玉」の交配で、1975(昭和50年)年に命名されました。
果実は280g前後の中玉で、酸味は控えめで心地良い甘さ、柔らかい食感で果汁が豊富です。
果皮は紅玉のように鮮やかな紅色になるのも特徴の一つです。
「ゴールデンデリシャス」と「紅玉」の組み合わせにより生まれたりんごには、青森県生まれの「つがる」やアメリカ生まれの「ジョナゴールド」があります。

「あかぎ」の収穫時期と食べ頃

「あかぎ」の収穫時期は9月下旬頃から10月上旬にかけてで、11月上旬位まで店頭に並びます。

名前の由来

名前の由来は群馬県の名山、赤城山です。

販売中の青森りんごショップガイド

その他の記事